• E・Jホールディングスについて会社情報
  • IR情報
  • グループ事業情報
IR情報

E・Jホールディングス早わかり

  • グループ体制について
  • 3つのコア・コンピタンス
  • 5つの重点分野

5つの重点分野

E・Jグループでは、優れたマネジメント技術をベースに、今後市場の拡大が予想される5つの重点分野を定めています。

5つの重点分野

BCP BCPとは、Business Continuity Plan(事業継続計画)の略。
企業が被災しても重要事業を中断させず、中断しても可能な限り短期間で再開させ、中断に伴う顧客取引の競合他社への流出、マーケットシェアの低下、企業評価の低下などから企業を守るための経営戦略。トップマネージメントが参画して策定すべき計画で、バックアップシステムの整備、代替オフィスの確保、即応した要員の確保、迅速な安否確認などが具体策の典型。
PPP PPPとは、Public Private Partnership(パブリック・プライベート・パートナーシップ)の略。
産・官・学・民の連携による新しい公共サービスを提供する取り組み。具体例として、民活、PFI、アウトソーシングなどの導入に続き、2003年9月の自治法改正により地方自治体は3年以内に「指定管理者制度」を導入するよう求められており、この制度の注目が高まっている。具体的な例として、水道やガス、交通など、従来地方自治体が公営で行ってきた事業に、民間事業者が事業の計画段階から参加して、設備は官が保有したまま、設備投資や運営を民間事業者に任せる民間委託などを含む手法を指している。
PFI PFIとは、Private Finance Initiative(プライベート・ファイナンス・イニシアチブ)の略。
公共施設等の設計、建設、維持、運営に、民間の資金とノウハウを活用し、効率的で質の高い公共サービスの提供を図る新しい事業のスタイルのこと。民間の創意工夫が大きく活かされ、民間事業者に新たな事業機会をもたらす。
PFIは、国の財政難を背景にイギリスで開始された手法であるが、我が国に見合った方式とするため、「日本版PFI」が各団体で検討されている。1999年9月にPFI推進法が施行され、2000年3月に実施のための基本方針が政府から示された。
アセットマネジメント 使われる分野で意味が異なるが、総合的資産管理の意味で使われ、主に公共構造物のライフサイクルコストの最小化を図るため、その損傷や劣化状況等を将来にわたって 把握し、最も費用対効果の高い維持管理を行なうための手法である。膨大な社会資本を最も経済的に維持するため、従来の対処療法的な修繕ではなく、いつどのような対策を行なうのが最適かを総合的に評価し、計画的に補修を行なう。
CM CMとは、Construction Management(コンストラクション・マネジメント)の略。
発注者、設計者と管理を専門とするコンストラクション・マネージャーが一体となってプロジェクト全般の運営管理を行うこと。
1960年代後半にアメリカの大型工場で採用され、プロジェクト期間の短縮や運営管理の総合化が図られた。コンストラクション・マネージャーは、設計者、施工者と同様に発注者と個別に契約し、発注者の利益を最優先する。基本的には、設計、工事の結果に関する責任はないが、発注者、設計者、施工者それぞれと契約を結び、責任を負う形態もある。
環境・エネルギー分野

地球温暖化や廃棄物・エネルギー問題など、地球環境レベルでの様々な問題が発生している現在、真に豊かな社会をつくるための行動を起こす必要があります。

このような中で、E・Jグループは、地球レベルの視野に立ち、身の回りの生活環境から地球環境に至るまで、良好な環境の保全や快適な環境の創造、省エネルギー・リサイクル、再生可能エネルギーを含め豊かな資源循環型社会の形成に取り組み、価値ある環境を未来に引き継ぐべき高度なコンサルティングサービスを提供していきます。

BCP BCPとは、Business Continuity Plan(事業継続計画)の略。
企業が被災しても重要事業を中断させず、中断しても可能な限り短期間で再開させ、中断に伴う顧客取引の競合他社への流出、マーケットシェアの低下、企業評価の低下などから企業を守るための経営戦略。トップマネージメントが参画して策定すべき計画で、バックアップシステムの整備、代替オフィスの確保、即応した要員の確保、迅速な安否確認などが具体策の典型。

異常気象や地球温暖化の影響によって、大規模台風、集中豪雨、土石流、豪雪など、甚大な自然災害の発生が地球規模で問題化しています。また、南海トラフの巨大地震、首都圏直下型地震の発生が危惧されるなど、大規模地震に対する地震防災、津波防災対策が急務となっています。

このような中で、E・Jグループは、長年培ってきた公共基盤整備のコンサルティングサービスに、地震、津波や水害等に関するシミュレーション技術・地盤技術などハードな技術に加え、危険度解析(ハザードマップなど)、防災まちづくり、防災情報システム等のソフトな技術を加え、高度で総合的な付加価値技術を駆使し、地域社会の防災性の向上と被害軽減に資する防災に取り組み、「安全・安心な国土保全」に貢献していきます。

インフラマネジメント分野

街づくりは、ダイナミックに変動する社会ニーズを反映し、時代に応じて変わっていかなければなりません。このため、街づくりや地域活性化のための計画には、経済社会の動向や将来展望を見据えた広い視野と洞察力が必要となります。

このような中で、E・Jグループでは、「地球環境にやさしい優れた技術と判断力で、真に豊かな社会創りに貢献」を理念に、維持管理の効率化や自然環境・歴史との調和を考慮しながら、長年蓄積した豊富な技術力と最新のバーチャルリアリティバーチャルリアリティCG(コンピューター・グラフィックス)等により人工的に作りだした仮想空間を人間の体の動きに対応させて、現実の世界のように実際に動かし体感することができる技術のこと。
娯楽や教育の他、工業、医療のシミュレーションに利用することができ、建設分野においては、計画・設計時の検討や施工のシミュレーションに利用できる。
技術を活用した地域住民参画型の新しい手法を取り入れながら、「安全で快適な街」「個性的で魅力のある街」「歴史と文化の香る街」「スマートシティスマートシティITや環境技術などの先端技術を駆使して街全体の電力の有効利用を図ることで、省資源化を徹底した環境配慮型都市。再生可能エネルギーの効率的な利用を可能にするスマートグリッド、電気自動車の充電システム整備に基づく交通システム、蓄電池や省エネ家電などによる都市システムを総合的に組み合わせた街づくりが行われる。世界各地で実証実験が始まっており、日本でも京都府関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)、福岡県北九州市、愛知県豊田市、神奈川県横浜市で官民一体での実証実験が行われているほか、東京都が2020年までに実現を目指すとしている。」等を創造し、次世代に引き継ぐべきコンサルティングサービスを提供いたします。

PPP PPPとは、Public Private Partnership(パブリック・プライベート・パートナーシップ)の略。
産・官・学・民の連携による新しい公共サービスを提供する取り組み。具体例として、民活、PFI、アウトソーシングなどの導入に続き、2003年9月の自治法改正により地方自治体は3年以内に「指定管理者制度」を導入するよう求められており、この制度の注目が高まっている。具体的な例として、水道やガス、交通など、従来地方自治体が公営で行ってきた事業に、民間事業者が事業の計画段階から参加して、設備は官が保有したまま、設備投資や運営を民間事業者に任せる民間委託などを含む手法を指している。
PFI PFIとは、Private Finance Initiative(プライベート・ファイナンス・イニシアチブ)の略。
公共施設等の設計、建設、維持、運営に、民間の資金とノウハウを活用し、効率的で質の高い公共サービスの提供を図る新しい事業のスタイルのこと。民間の創意工夫が大きく活かされ、民間事業者に新たな事業機会をもたらす。
PFIは、国の財政難を背景にイギリスで開始された手法であるが、我が国に見合った方式とするため、「日本版PFI」が各団体で検討されている。1999年9月にPFI推進法が施行され、2000年3月に実施のための基本方針が政府から示された。
アセットマネジメント 使われる分野で意味が異なるが、総合的資産管理の意味で使われ、主に公共構造物のライフサイクルコストの最小化を図るため、その損傷や劣化状況等を将来にわたって 把握し、最も費用対効果の高い維持管理を行なうための手法である。膨大な社会資本を最も経済的に維持するため、従来の対処療法的な修繕ではなく、いつどのような対策を行なうのが最適かを総合的に評価し、計画的に補修を行なう。
CM CMとは、Construction Management(コンストラクション・マネジメント)の略。
発注者、設計者と管理を専門とするコンストラクション・マネージャーが一体となってプロジェクト全般の運営管理を行うこと。
1960年代後半にアメリカの大型工場で採用され、プロジェクト期間の短縮や運営管理の総合化が図られた。コンストラクション・マネージャーは、設計者、施工者と同様に発注者と個別に契約し、発注者の利益を最優先する。基本的には、設計、工事の結果に関する責任はないが、発注者、設計者、施工者それぞれと契約を結び、責任を負う形態もある。

国内の多くのインフラ施設は、高齢化時代を迎え、近い将来、大規模な修繕が必要となるのが実状です。また、人口減少・少子高齢化、産業構造の変化の中で、時代や地域ニーズとのミスマッチから、機能やサービスの改善を求められている道路・鉄道、上下水道施設などのインフラ施設も数多く存在します。また、国の財政の逼迫により、公共事業の一部を民間の知恵と資金にゆだねるPPP/PFIといった手法も広がりつつあります。

このような中で、E・Jグループは、近い将来直面することが確実な公共資産の適正管理の問題、増大する維持管理コストへの対応、資産の有効活用、コスト削減策、民間活用型事業アドバイス等の課題を検討し、将来への活路を見出すための様々な手法を提案いたします。

情報・通信分野

経済・社会の諸分野において情報ネットワークの高度化・効率化が急激に進んでいます。これに伴い情報・通信インフラは、公共施設・空間情報などのデータの共有化による地域の活性化や豊かな国民生活の実現に資するための情報ネットワークシステムとしてきわめて重要な役割を果たすようになってきました。

このような中で、E・Jグループは、土木、建築、測量、地質調査、電気・通信、化学、生物など様々な専門技術の融合化とGPS、Web GIS、施設管理光ファイバーなど情報通信技術を活用した防災予測や災害時の被害状況監視、インフラ施設の遠隔操作・維持管理の効率化や環境・交通量・自然現象の計測情報のリアルタイム化・データベース化による様々な現象のシミュレーション、バーチャルリアリティ技術によるコミュニケーション型行政支援や各種情報データベースを取り入れたネットワーク形成のアドバイスなど高度情報化社会の形成に貢献いたします。

関連リンク

ページトップへ戻る