• E・Jホールディングスについて
  • 会社情報
  • IR情報
  • グループ事業情報
  • マネジメントメッセージ
  • 企業理念
  • 中期戦略
  • コーポレート・ガバナンス
  • CSR方針
  • シンボルマーク
E・Jホールディングス早わかり
E・Jホールディングスについて

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、E・Jグループの持株会社として、「地球環境にやさしい優れた技術と判断力で真に豊かな社会創りに貢献」というグループ理念のもとで、グループ全体の企業価値の向上並びに株主に対する経営の透明性を高めるために必要なコーポレート・ガバナンスの実践を経営の最重要課題の一つとして位置づけております。

この考えのもと、当社グループにおいては、経営の透明・公正かつ迅速な意思決定及び業務執行並びにその監督を確実に実施すべく、持株会社である当社に経営の意思決定及び監督機能を持たせ、各事業会社に業務執行機能を分離することで、経営の質的向上を図り、急激な経営環境の変化に対して迅速な意思決定を行うこととしております。

顧客、株主、地域社会、社員等すべてのステークスホルダーから、今後とも当社経営に対するより高い信頼と評価を確保するために、「コンプライアンス・プログラム」を制定し、E・Jグループの全役職員が、関係法令や企業倫理の遵守を通して社会的責任を果たすことができる体制を構築、整備し、不祥事の発生防止に努めてまいります。また、経営の透明性の確保及びコーポレート・ガバナンスの一層の強化を図るため、社外取締役2名を選任し、取締役会等において独立的かつ客観的・専門的観点から意見等を発言することで、実効性の高い経営の監督を行っています。

経営のチェック機能として、監査役3名のうち、2名を社外監査役とする監査役設置会社の形態を採用し、客観的かつ取締役会から独立した立場で取締役の業務執行を監視しうる体制としております。

コーポレート・ガバナンス体制

図:コーポレート・ガバナンス体制

関連資料

ページトップへ戻る